食品流通事業

食品流通事業MENU

TOP > 食品流通事業

生産者の皆様のご紹介コメント(勉強会参加の皆様から)

茨城県 照沼様 千葉県 田中様
・ほしいも生産全国トップクラスの栽培面積60ha
・自然栽培・完全無農薬栽培のさつま芋
・自然栽培・完全無農薬栽培のジャガイモ
・その他にもトマト、落花生を栽培。
・ハイエット研修会で興味を持ちH16年から導入。育苗ハウス、加工場、直売所、事務所に至るまで 全てハイエット水。
・薩摩芋の生育が良く、つるもちが良いので今後は プリン等の加工品に使用したい。
・茨城県最高品質農産物研究会 会長
・甘さと酸味のバランスが絶品の女峰(ハウス苺)を10a全て減農薬栽培。
・地元の直売所でリピーターがついており、 常に完売!(直売所以外では購入不可能)
・現代農業の記事を見てハイエットをH20に導入、配管の元に付けているので農場全てがハイエット水。
・今後は土壌環元消毒に利用してみたい。
p_c_aida.jpg 埼玉県 本橋様
・ミツバの種子の浸漬よりハイエット水を使用。発育の揃い、スピードの違いを実感。
・香りがよく、食べたていると甘みを感じる、日持ちも良いと、消費者から談あり。
・ 茶碗蒸し食材メーカーと年間契約も決定。
・220aの茶畑が広がる三小茶業クラブ。
・現代農業の記事を見て、H19年から薬散布水や液肥潅水にハイエットを使用。
・蒸し作業時のボイラー水に使用したところ短時間で良い仕上がりになった。
・ 減農薬にこだわり、香りと味が貴賓あふれる美味しいお茶。
・今後は日本茶の製造過程でも使用していきたい。
埼玉県 佐久間様
・全野研の栃木大会で知り、その後半年のレンタルを経て効果を確認できた。(水槽にハイエット水を作る際に、水の中の気泡の出来が多くより浸透性のある事を確認。)薬散の水に散布前日に汲み置きし更に循環させて効果を期待し使用しております。
・    購入者より「甘い、美味しいトマト」との評価を頂いている。
・H21年度半促成きゅうりで埼玉県県議会議長賞、県知事賞受賞。
 
富山 本田様 埼玉県 坂田様
・およそ4ha完全無農薬、有機栽培のお米
・現代農業の記事を見てH22年にハイエットを導入、種の浸漬段階から使用。
・    発芽揃いが非常に良くなり、もち米のように密度が高く、甘く美味しい。
・完全無農薬なので自然の力で育ったお米に80歳代のおばあちゃんが思わず『昔の米を食べているようだ』とこぼした。
・    高級料亭でも評判を頂き、今後無農薬区を拡大していきたい。
・ トマト50aで農林大臣賞や数々の賞を受賞している坂田園芸。
・ハイエットは紹介でH17から葉面散布や夜の暖房用ボイラーに活用。
・ 減農薬でここ数年土壌消毒なしですが収量が安定し、ボイラーに煤が付かなくなった。
・家の直売所の御客様が年々増加し、トマト嫌いのお子様にも好評。
・フルーツトマトの隔離栽培にも成功。
福島県 青木様 茨城県 塚本様
・ハイエット使用して10年以上。
・30年以上土壌消毒一切なし、減農薬栽培。
・ハウスきゅうり28aを栽培、ハイエットは育苗の土壌散水とハウス潅水に使用。
・冷蔵庫で、1ヶ月たってもシャキッとしているミラクルな日持ちのキュウリ。
・収穫して、キュウリを半分に手で割り、キュウリをくっつけて振っても落ちない。
 
・梨160aを減農薬・減化学肥料、有機JAS栽培でこだわり直売の塚本梨園。
・ハイエットの研修会で興味を持ちH16から導入、葉面散布や液肥散布水に使用。
・降雨前の散布で葉に照りと厚みが増した。
・甘い梨ではなく、美味しい梨 甘さ、コク、果汁がたっぷりの梨。
・ 自宅の直売所でリピーターのお客様が 年々増加中!
群馬圏 福島様 山梨県 中村様
ハイエットは無料レンタルで使用。効果が即、実感出来たので1年前から使っています。
使って違いが分かったことは、書き出している内容の通りです。品質的には卵の外殻です。硬さが増したのがわかります。感覚的ですが、殻を形成している粒子の密度がギュッと増えた感じがします。驚いているのと同時に、これから見極めていきます。
殻の密度が高いということは、サルモネラ菌などの有害病原菌の外部からの侵入の予防になります。
・ハイエットはこちらで研究所の勉強会が あり、3年程前から使用しています。
・無化学肥料、有機肥料栽培の自然農法に 取り組んでいます。
・果樹では、極めて難しい減農薬栽培、半分から30%に成功。ハイエットのお陰です。
・山梨県農業賞受賞。
・甘くてボリューム感たっぷりの干し柿
・甘さと酸味のバランスの良いさくらんぼ
・その他、桃・ブドウ・南瓜など5町歩で、今は栽培面積を拡大中!楽しみです。
茨城県 アベタ様 茨城県 坂入様
・1150aで周年トマトを減農薬栽培。
・知り合いの長須園芸様の勧めと現代農業の掲載記事をみてH22よりハイエットを導入、葉面散布に使用。
・国立ファームと地元直売でも完売。
・現在1圃場のみの使用で御客様よりハイエット使用のトマトを指定買いして頂いているので追加購入の予定。

・水稲1800a、大豆3000a、葱5000a 、蕎麦1500a、の大規模生産。
・ハイエットは7年前より導入、育苗ハウス散水に使用。
・水稲の発芽が良かったので、今後育てた大豆から作る究極の手造り味噌にも取り入れたい。
・蕎麦は、自家製粉所をつくるほどのこだわり。
・今年蕎麦の県品評会において知事賞受賞。 全国の品評会に出展。